2006年08月14日     (>> 井上和香ちゃん ファンサークル 最新記事へ)

井上和香ちゃん 黒い太陽(8) 第3話 後編

井上和香ちゃん 黒い太陽(8) 第3話 後編>

● 「黒い太陽」 (テレビ朝日 8月11日 [金] 23:45〜 放送) より
http://www.tv-asahi.co.jp/kuro-tai/

「第3話 後編」
http://www.tv-asahi.co.jp/kuro-tai/002story/osarai003.html

出演 〜 立花篤:永井大 、千鶴井上和香 、社長 藤堂猛:伊原剛志 、他 。

【 千鶴が店に復帰。   社長がやって来てモニターで店内を観察しながら、
成績表で一向に千鶴の成績が上がっていないのを見て、立花を呼び付ける。】

藤堂 : 入れ。
立花 : 失礼します。

藤堂 : 立花。
立花 : はい。
藤堂 : 辞めて良いぞ。
立花 : ぇっ!?
藤堂 : お前は 期待外れだった。

立花 : ちょっと待って下さい、 月末まで 後2週間あります。
藤堂 : それを考えろと言ったぁ、 答えは何だ?
藤堂 : 俺なら千鶴をしょうふにする。 原石をお前が持ってたところで、 ダイヤも
    磨かなきゃ、唯の石ころだ。    初めて見た時、お前には野心が有った。

立花 : 野心!?
藤堂 : 風俗界で伸し上がるのに、一番必要な武器だ。  父親だ、何があっても
    治したい。 どんな事をしてでも、金を稼ぎたい。 そうじゃ無かったのか?
    この金は、藤堂グループ一週間の売り上げ金だ。  成功者が手にする金だ。
    だが お前はこの大金を手にする事は無い。女に情けを掛けた お前の負けだ。

藤堂 : 出て行け。
立花 : 嫌です。

藤堂 : だったら〜 黒くなれぇ。
立花 : 黒く...
藤堂 : 黒い 太陽を目指せぇ。

【 立花が、病院に父親を見舞う。】

遠藤 : じゃ〜〜ん、 (立花に、設計事務所の会社案内を渡す)
    先輩の親戚がやってる会社。          面接して呉れるって。
    ぅふん?  篤?
立花 : 気持ち、有難う。
遠藤 : 篤にそんな仕事 似合わないよぉ。          ばか。

【 千鶴の携帯に、立花からのメールが入る。】

井上和香ちゃん 黒い太陽 01

立花 : (今日の接客レッスンは、酔っ払ったオヤジ編。
    実戦も兼ねて店でやんない? 4時半に来れる? 立花。)

井上和香ちゃん 黒い太陽 02

【立花が、千鶴が店にやって来る頃合いを見計らって、菊田を呼び出しわざと挑発。】

菊田 : よぉ、 話って、何だよ?    ァ〜  あいつらの虐めの事か? なぁ?
    あれだったらもう大丈夫だ、な 俺が守ってやるからよ、 なぁ。
立花 : 笑子さんを俺に呉れませんか?
菊田 : はっ!?

立花 : 笑子さん、愚痴ってましたよ。   菊田じゃNo.1になれないってぇ。
    俺ならNo.1にしてみせますよぉ。
菊田 : お前。

【 それを聞いて怒った菊田に、立花が殴る蹴る踏ん付けるで、
ボコボコにされている所を、やって来た千鶴に目撃させた。】

千鶴 : ああ〜ぁ!!!

千鶴 : ぁ〜!!
菊田 : 二度と、ふざけた事言うなよ!
    ・・・
千鶴 : 立花さん!     大 大丈夫ぅ!!

【 呻きながら店の裏口に出て行く立花を追って、千鶴も店の裏口へ。】
    ・・・
立花 : (壁際に倒れ込んで) ああっ!

千鶴 : 立花さん!!
立花 : 気にするなぁ!!   毎日の事だぁ。

千鶴 : 毎日!?
立花 : ホール長になった日から、毎日だぁ。     慣れれば、どうって事無い。
千鶴 : ね〜ぇ、こんな仕事一緒に辞めよ〜う。

立花 : 何だって、堪えられるよ。
千鶴 : ぇっ!?

井上和香ちゃん 黒い太陽 03

立花 : 千鶴をNo.1にするまでは、   君が必要なんだぁ。
    君じゃなきゃ駄目なんだ。
千鶴 : 立花さ〜ん。

千鶴 : 私、   OL辞めます。
    預けたからね、   だから   絶対No.1にしてよね!

【 為て遣ったりの表情を浮かべる、立花 。】

【 立花が千鶴を店に連れて行き、ジュエリーやドレス,靴、などを買い与えたり、
 ヘアースタイルをイメージチェンジさせるなどして、千鶴の全てを一新させた。】

井上和香ちゃん 黒い太陽 04

【 そして資金が足りなくなるや、店を離れて「笑子」にお金の工面を依頼し、
 別の店で笑子と待ち合わせ。】

笑子 : 20万でいいの?
立花 : すいません、こんな事お願いして。
笑子 : ぅぅん、全然平気。
立花 : 家賃と、 バイクの修理代が...   情けない話です。

笑子 : ぅふふ〜ん (^^) 笑子 嬉しいんだぁ〜
    だってさ〜ぁ、「たっ君」に貸しが出来たって事だよね。
立花 : すいません。

【 笑子からお金を工面した立花が、千鶴のいる店に戻て来て。】

立花 : 千鶴、 遅れて御免。
千鶴 : ぁ〜 (^^)  ぅぅん。
立花 : どれにしようか?
    ・・・
【 立花が代金を払っているところに、千鶴が来て。】

千鶴 : (お金) 大丈夫?
立花 : うん、何とかね。

【 開店した「ミントキャンディ」のホール。】
    ・・・
立花 : 失礼致します。
笑子 : 千鶴ちゃん、お休みなの?
立花 : いえ、もう そろそろかと...
ホール係 : いらっしゃいませ!

【 千鶴は見事に変身し、大口の客・渋井を同伴して、華麗な衣装で出勤して来た。
 その様子に目を見張るキャストや、黒服達。】

井上和香ちゃん 黒い太陽 05

立花 : 渋井様、ご同伴有難う御座います。

つばさ : 千鶴が(渋井を)ゲットしたんだ!
渋井 : このドレス、俺からのプレゼント、どうよ?
立花 : 有難う御座います。   千鶴さん、お似合いですよ。

渋井 : っへっへっへ (^^)
立花 : どうぞ こちらへ。
渋井 : あ〜ぇ。

奈緒の傍らの客 : あちらに居るの、 誰!?(千鶴)あれ!
笑子 : 千鶴ちゃ〜ん、凄い!
千鶴 : (^^)

立花 : どうぞ こちらへ。
渋井 : ぁぁ。

渋井 : ぁ よぃしょ〜ぅ ぃや〜 その 洋服良かったよ〜 良く似合ってるよぉ〜
千鶴 : 有難う御座います。
渋井 : へっへっへ。
    ・・・
【 為て遣ったりで満足の表情を浮かべる立花。  そして、その二週間後。】

神崎 : 月末恒例の、売り上げトップ3の表彰を行います。
    第3位 指名本数 120本 売り上げ金額 381万円 笑子さん。
    第2位 指名本数 172本 売り上げ金額 398万円 奈緒さん。
    ・・・
【 トップで無い事に、怪訝な表情を浮かべる「奈緒」。】
    ・・・
神崎 : 指名本数、当店の新記録です! 216本 売り上げ金額 564万円 。
キャスト達 : ぇっ! ぇっ! 500〜! 凄い売り上げ〜! ・・・
神崎 : トップ     千鶴さん。

井上和香ちゃん 黒い太陽 06

千鶴 : ァ (^^)

菊田 : おめでとう御座います。(賞金を渡す)
千鶴 : 有難う御座いま〜す。
一同 : パチパチパチパチ♪ パチパチパチパチ♪ パチパチパチパチ♪ 〜

大滝 : 凄ぇ! 女は〜 凄ぇ〜!

神崎 : 社長!
藤堂 : (千鶴に)おめでとう。  立花!
立花 : はい。

藤堂 : 今日から、 店長だ。
一同 : ぇっ!! (驚きの表情)
立花 : はい。

【 社長車内で。】

運転手 : 社長、楽しそうですねぇ〜
藤堂 : ぁぁ〜  立派な噛ませ犬が、完成したからなぁ。
運転手 : 噛ませ犬?
藤堂 : あいつもこれで、真剣になるだろう。

【 「ピンクソーダ」で。】

ホール係A : ミントキャンディ、また店長代わったらしいぞ。
ホール係B : 立花だろう、例のホール長抜擢の新人。
ホール係C : ぁぁ 例の素人だ、っへっへっへ (^^)
長瀬 : 笑ってる場合じゃない、      うかうかしてたら、 寝首掻かれるぞ。

【 社長車内で。】

藤堂 : 長瀬、奴こそ俺の後継者に相応しい。   そして〜
    競い合う犬が現れた時、長瀬はより全速力でぇ 駆け抜ける筈だ。
    立花、思いっ切り吼えて呉れよぉ〜



ブログ後記

管理人の Circle です。 「黒い太陽」第3話視聴率 → ドラマフリークスのブログ
「黒い太陽 第3話」の視聴率が、初回視聴率を上回って12.1%になりましたね。
放送時間が遅くなって悪影響が出ないか、心配していたのですが、検索でドラマの
ブログなどを見ていると、このドラマに対する評価が各方面でどんどん上昇しており、
このアナウンス効果などがあって、むしろ逆に良くなったのでしょうね。
井上和香ちゃん 黒い太陽(3) 第2話 前編 のブログ後記では、
皆さんにこの辺のところを余り加味しない話をしてしまい、反省しています。
第3話でもう千鶴さんがNo.1って事で、ドラマの展開が非常に速く、少しも目の
離せないドラマになっていますし、視聴率も非常にグッドな兆候を示していますので、
「黒い太陽」の今後に、益々期待が高まってきましたね。
私も期待に胸を躍らせながら、次の第4話の放送を待っているところです。(^^)

黒い太陽 顧客名簿(BBS)
「黒い太陽」のオフィシャルサイトに“顧客名簿”と称する「BBS」が設置
されています。 井上和香ちゃんファンの皆さん、そして『ミントキャンディ』の
千鶴ファンの皆さん、井上和香ちゃんと千鶴さんに応援メッセージを送りましょう!

関連ブログ : 井上和香ちゃん 黒い太陽(7) 第3話 中編
関連ブログ : 井上和香ちゃん 黒い太陽(6) 第3話 前編
関連ブログ : 井上和香ちゃん 黒い太陽 関連情報(9)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 黒い太陽(5) 第2話 後編
関連ブログ : 井上和香ちゃん 黒い太陽(4) 第2話 中編




WEB RANKING ←応援してね!  井上和香ちゃん ファンサークル ♪♪ 過去記事 目次


posted by Circle (InoueWaka) at 22:08
| Comment(2) | TrackBack(0) | 井上和香 ちゃん 黒い太陽
この記事へのコメント
Circleさん、こんばんは☆
『黒い太陽』…こんなに視聴率的に好調に推移するとは…僕もまったく思ってなくてホントに驚いてます。

僕も『熱闘甲子園』とお盆休みの影響を受けてしまうんじゃないかと思っていたんですが、初回超えになってホントにうれしい誤算です(^-^)

さて、この回の和香さんの千鶴さんは、序盤の葛藤に立花の“黒い芝居”を経て一気に豹変していきましたが、演技としても今までのドラマの中で一番いい味を出していると思います。

でも、ブログ検索で和香さんの演技の評価を見ていると良否両論あるようで、ちょっと困惑してますが、Circleさんはどう思われていますでしょうか?

僕としては今回に留まらず、速いストーリー展開の中でさらに磨きを掛けていい演技を見せてほしいと願っているんですが。
ぜひ今回のご感想をお願いします。
Posted by きよふじ at 2006年08月21日 20:37
きよふじ さん ようこそ!

>どう思われていますでしょうか?
私は和香ちゃんの演技はドラマなんかに出演する度に、どんどん上手くなって来て
いると思いますね。 私は何時もドラマはドラマ、即ちフィクションだからと思って、
冷静に観る用に心掛けているのですが、今度ばかりはついつい和香ちゃんの演技に
感情移入させられてしまって、ジーンと来てしまうことが何回もありましたからね。
つまり私自身が冷静に見られなくなるほど、上手くなって来ているって事ですよね。
某人気主演女優達(余り言いたくないので、わざと分かり難いように言っています。)
より上手いと思いますね。

良否と言っても、私は好評価をしている方が大多数だと感じているのですがね。
少数のそうでない方達についても、大体は余りだとか微妙だとかの表現を使って
いますよね。 この方達の表現からは、良い評価をしたくない、或いは認めたく
と言う様な気持ちが、表現の裏に隠されている様な感じを受けるのですが。
例えばグラビアから来た人だから、と言う先入観を持って、だから〜筈が無い。
或いは他のタレントを応援しているから、良い評価をしたくない、だから〜無い。
或いは和香ちゃんは女性が憧れるものを全て持っているから、
例えば、髪の毛の量が多い、顔が小さい、首が長い、胸が大きい、声が甘い、など。
って事で女性の方は嫉妬から、だから〜無い、などがあると思いますね。

なお極一部には、極端な評価をする人がいますが、これはもう評価と言うよりは、
中傷の部類に入りますから、これは評価の範疇からは除外した方が良いと思いますね。
つまり無視しても構わないって事ですね。
Posted by Circle at 2006年08月22日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(注:コメントの表示は、管理者の承認後に行われます。)
この記事へのTrackBack URL(注:この記事へのリンクが無いTBは、受信されません。)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。