2006年06月04日     (>> 井上和香ちゃん ファンサークル 最新記事へ)

井上和香ちゃん 7人の女弁護士(15) 〜 第8話(後編)

和香のキモチ は、井上和香ちゃんのオフィシャルブログです。

お帰りの際は、井上和香ちゃんのブログに、是非お立ち寄りくださいね。



井上和香ちゃん 7人の女弁護士(15) 〜 第8話(後編)>

● 「7人の女弁護士」 (テレビ朝日 6月1日 [木] 21:00〜 放送) より
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/index.html

○ 「7人の女弁護士 第8話 “氷の女検事”が隠した密室殺人トリック」
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/003_story/index_08.html

出演 〜 藤堂真紀 : 釈由美子 、飯島妙子 : 原沙知絵 、麻生恵理井上和香
    木下五月 : 柴田理恵 、田代千春 : 南野陽子 、南條宏美 : 川島なお美、
    所長 杉本美佐子 : 野際陽子 、他 。

【藤堂・飯島・南條が東都大学で、被害者である津村直美の、関係者に聞き込み。】

【麻生と田代が、被告人の中野和彦が住むアパートの向かいにある、
スナック幸のママに、聞き込み。】

井上和香ちゃん 7人の女弁護士01

田代 : 本当に〜 中野さんを見たんですか?
ママ : 本当よぉ、何で嘘付かなきゃいけないのぉ?
    店の片付けが終わって出て来た時だから〜 時間は午前1時頃かな。

井上和香ちゃん 7人の女弁護士02

麻生 : どうして〜 6月1日だって、覚えていらっしゃるんですか?
ママ : ぅふん (^^) だって私の誕生日だもの。
    お客さんが沢山来てくれて、ご機嫌だったから〜 良く覚えてんのよ。
麻生 : ぁ そうですか。
田代 : ぅん。

井上和香ちゃん 7人の女弁護士03

【監察医の北村一平が検察を訪ね、被害者の死亡推定時刻について、疑問を伝える。】

所長 : 被害者を尾行していたのが、やはり 被告人だったと言う話。
    そして事件当夜、被告人が帰宅したのが午前1時頃だったって言う話。
    この二つの話が本当だとすると、反って不味い状況証拠が
    出て来っちゃったって事になるわねぇ〜

井上和香ちゃん 7人の女弁護士04

麻生 : はぃ、 スナックのママは〜 被告人とは何の利害関係もないので、
    嘘を付く理由は有りません。  信用して良いと思います。
所長 : ぅん。
田代 : ね〜ぇ、その田島って言う大学院生の話、信用出来んの〜?

南條 : ぅ〜ん、特に不自然な点は〜 無かったと思うけどなぁ〜
田代 : でも、ちょっと気にならへ〜ん? 尾行をしてたんが中野やって事を〜
    津村さんが〜 その田島って子〜だけに 話したって言うのが、何かねぇ〜
木下 : そうねぇ〜 何で他の女友達に話さなかったのかしらねぇ。
麻生 : ぅ〜ん、普通そう言う話は、女友達に先ず話しますよね。
木下 : ぅ〜ん。

井上和香ちゃん 7人の女弁護士05

飯島 : 田島の作り話って事ですか?
藤堂 : どうして、そんな事を?
田代 : ねぇ その件、私に遣らせて呉れへんかなぁ。

【田代の調査で、被害者をストーカーしていたのは、その友人の田島と判明したが、
田島はバーで被害者の担当教授の、木田と飲んでいたと言うアリバイを主張。 中野に
接見して、ママの証言から実際のアリバイを確認したところ、星を見ていたと主張。】

飯島 : 気象庁で聞いてみたら、確かにその夜は快晴で、星は見えてたそうです。
南條 : でも だからと言って ねぇ〜
木下 : お星様がアリバイを証言して呉れる訳じゃないしねぇ〜〜

藤堂 : 私は、被告人を信じてみようと思います。
田代 : 出たぁ! 何で?
藤堂 : 人を殺す様な人が、そんな嘘を付くでしょうか?
    もっと上手い嘘を考える様な気がするんです。

所長 : ぅぅ〜ん そりゃ そうかも知れないけど〜
    ただ 信じるだけでは、裁判は乗り切れないのよねぇ〜
麻生 : 未だに、無実を証明する材料は、何〜にも見つかって無いのよ。
所長 : ハァ〜

井上和香ちゃん 7人の女弁護士06

藤堂 : も 失礼します。
弁護士 : へ!?
弁護士 : なんだぁ!?
麻生 : 私ですか?
田代 : そ〜ぅねぇ〜

木下 : さすがに、落ち込んじゃったかなぁ〜
麻生 : いや、星でも見に行ったんじゃないですか。
南條 : いや〜 何か宛があるのかもよ〜

田代 : あの娘、変な嗅覚があるしなぁ。
飯島 : 犬も歩けば、何とかって言うし。
弁護士達 : ぅっふ  うっふふ

【第二回公判で、被害者の津村直美を最後に目撃したと言う、担当教授の木田が
証言台に立った。飯島が、木田が被害者と会ったと証言した場所の、不自然さを指摘。
続いて藤堂が、木田が学会で発表した論文は被害者から盗用した物であった事を指摘。
更に、殺害現場の被害者の机の中の、チェコレートの溶け具合から、犯行後に部屋に
暖房を入れて、死亡推定時刻を細工した事を指摘して、木田に犯行を告白させた。】

【中野和彦が釈放され、木田が殺人容疑で逮捕された後、7人の女弁護士事務所で。】

木下 : はい、因幡の白うさぎ饅頭!
南條 : うわ 美味しそ〜う!
弁護士達 : うわあ〜! あ〜! あ〜!  美味しそう!
木下 : どうぞ どうぞ〜〜
弁護士達 : 頂きま〜〜〜す!  頂きまっす〜〜〜!

南條 : 可愛い!
飯島 : 宿命の対決も、終わりか!
南條 : ぅ〜ん! 民事裁判は必ず和解が有るけど、
    刑事裁判は必ずどちらかが勝って、どちらかが負 け る。
木下 : 何か残酷だけどね。

麻生 : 友達の事、負かしっちゃってぇ〜  も〜ぅ 友情も終わりかな。
田代 : 蟠りも、出来るかもねぇ〜
木下 : フ〜 フン。
所長 : 大丈夫ですよ〜 女の友情ってぇのは、
    そんなに簡単に壊れるもんじゃないのよぉ。

関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(14) 〜 第8話(前編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(13) 〜 第7話(後編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(12) 〜 第7話(前編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(11) 〜 第6話(後編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(10) 〜 第6話(前編)


人気blogランキング←応援クリック 井上和香ちゃんファンサークル♪♪過去記事目次


posted by Circle (InoueWaka) at 19:24
| Comment(2) | TrackBack(0) | 井上和香 ちゃん 7人の女弁護士
この記事へのコメント
和香ちゃんの弁護士がついに終わってしまいました。
鬼嫁日記のとき「決定しました!」って言ってたから七人の女弁護士では「逃げる場所はありませんよ!」っていってくれるかな〜って期待していたのですが…なかった。
でもドラマ面白かったし、和香ちゃんの演技も最高なので全然OKでーす!またなんかのドラマでの活躍をまってまーす。
それじゃあおやすみなさーい☆
Posted by 正道ほくさい at 2006年06月09日 23:44
正道ほくさい さん ようこそ!

>七人の女弁護士・・・期待していたのですが
私も“7人”の女弁護士を期待して見ていたのですが、
ドラマの題名は「7人の女弁護士」でも、
内容は「新米弁護士 藤堂真紀 プラス ワン」のパターンで、
そのまま最後まで突っ走ってしまいましたね。orz
私はこのワンパターンを心配していたのですが、
結局最後までワンパターンのままでしたね。

>またなんかのドラマでの活躍をまってまーす。
またその内、何かのドラマ出演があるでしょう。
Posted by Circle at 2006年06月11日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(注:コメントの表示は、管理者の承認後に行われます。)
この記事へのTrackBack URL(注:この記事へのリンクが無いTBは、受信されません。)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。