2006年05月27日     (>> 井上和香ちゃん ファンサークル 最新記事へ)

井上和香ちゃん 7人の女弁護士(12) 〜 第7話(前編)

和香のキモチ は、井上和香ちゃんのオフィシャルブログです。

お帰りの際は、井上和香ちゃんのブログに、是非お立ち寄りくださいね。

和香のキモチ へ 1

和香のキモチ」が、
本日5月27日に更新されました。

タイトルは『秋じゃないけど…』です。



井上和香ちゃん 7人の女弁護士(12) 〜 第7話(前編)>

● 「7人の女弁護士」 (テレビ朝日 5月25日 [木] 21:00〜 放送) より
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/index.html

○ 「7人の女弁護士 第7話 日本舞踊 名門殺人 家元夫人は二度殺される」
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/003_story/index_07.html

出演 〜 藤堂真紀 : 釈由美子 、飯島妙子 : 原沙知絵 、麻生恵理井上和香
    木下五月 : 柴田理恵 、田代千春 : 南野陽子 、南條宏美 : 川島なお美、
    所長 杉本美佐子 : 野際陽子 、他 。

【7人の女弁護士事務所で。】

藤堂 : お早う御座いま〜す。
(テレビで、日舞の片山流の御家騒動が、報道されて。)

麻生 : ねぇ、始まりますよ!
木下 : そ〜ぅぉ? ボリュームアップ、ボリュームアップ!
藤堂 : 何か 事件ですか?
木下 : 片山流の御家騒動よぉ!
    ・・・
藤堂 : 好きですねぇ こぅ言ぅの?
木下 : だ〜って 面白いじゃな〜ぃ。
田代 : 日舞の流派が分裂したって、話でしょ〜ぅ。  (雑誌の記事)この辺り。
    ・・・
木下 : 私も今度、日舞 習おうかなぁ〜〜

井上和香ちゃん 7人の女弁護士01

飯島 : この前はフラメンコって、言ってませんでしたぁ?
弁護士達 : あっはっはっは。(^^)

木下 : 筋 良いと思うのよねぇ〜   こんな感じでしょ〜う?
    はぁ〜〜♪     こんな感じでしょう。
南條 : どう見ても盆踊りよね。
木下 : 盆踊りなんか...

所長 : 踊れる弁護士も良いけど〜 今日の裁判の資料、出来てるんですか?
木下 : あっ! ぁっ すいません。   ぅっふっふっふ (^^)

【「正統片山流」の日本舞踊家「藤倉 あやめ」の殺害事件が発生。「正統片山流」と
対立する流派、「片山流」の家元の次男、片山隆二が犯人として逮捕された。
そこで隆二の母親で片山流の家元を務める寿美代が、7人の女弁護士事務所を訪れて
隆二の弁護を依頼。 藤堂が主任弁護人として、弁護を引き受ける事になった。】

【被告人の隆二に接見、そして第一回公判が開かれた後、藤堂が寿美代に呼ばれて
家元宅を訪問。 そこで寿美代が、事件は「正統片山流」の陰謀と主張。 そこへ
「正統片山流」の家元片山啓吾が、白鳥奈々子を連れ戻しに来て、トラブルとなる。】

田代 : え〜〜! 真紀ちゃん御家騒動に、巻き込まれっちゃたって事ぉ〜!?
藤堂 : みたいです。
麻生 : みたいですってぇ!?  大丈夫なの?

井上和香ちゃん 7人の女弁護士02

所長 : ねぇ、その御家騒動って言うの、詳しく説明してくれないかなぁ。
木下 : あ〜 はいはい!
所長 : えっ?
木下 : それ 私が!
所長 : ぁっ!

木下 : そもそも、このお家騒動の発端は、
    先代の家元 詰まり片山寿美代の夫の、急死に有ります。
    まぁ 取り敢えずは片山寿美代が、家元を継いだ訳なんですけれども、
    ここで この先代の家元の弟 詰まり 片山啓吾が、自分こそが家元継承者
    だって言い出して、それで分裂騒動が起きたって事なんです。

井上和香ちゃん 7人の女弁護士03

麻生 : ぅ〜ん それで〜 「片山流」に対して、
    「正統片山流」って名乗ってる訳ですね〜
木下 : その通り、 で この片山啓吾の下には、一番弟子の白鳥奈々子と
    二番弟子の藤倉あやめが居りました。

南條 : その白鳥奈々子の踊りの才能は、抜きん出てるみたいねぇ〜
木下 : そこをこの片山寿美代が見込んだって事なのよ〜
    まぁ 噂によるとね〜 この寿美代は〜 奈々子を拝み倒して、
    そいで もぅ 強引に長男の清隆と婚約させたってのが、噂だけど。

井上和香ちゃん 7人の女弁護士04

麻生 : ええ〜! それじゃ政略結婚じゃないですかぁ。
木下 : 片山流を守るためには、奈々子の才能がど〜うしても、
    欲しかったんでしょう。
南條 : 息子の清隆さんの踊りでは駄目だって事〜?
木下 : ぁ〜 家元〜としてはねぇ〜 ちょっと〜

田代 : でも、そんな勝手な事されたら、片山啓吾が怒るのは無理ないかなぁ〜
木下 :ぅ〜ん。 その上今度は次男の片山隆二が、二番弟子の藤倉あやめ
    殺しちゃったんだからねぇ〜!
田代 : 片山啓吾にしてみたら、踏んだり蹴ったりやん。

飯島 : でも片山寿美代は、隆二は無実で、片山啓吾の陰謀によって、
    藤倉あやめを殺した犯人に、仕立てられたって、言ってるんでしょう。
藤堂 : そうなんです。
南條 : ま 母親としたら、そう思いたい気持ちも、分かんなくないけどねぇ〜

【母親が隆二に接見。そして藤堂が隆二の入居しているアパートを聞き込みして、事件
の前夜に男が隆二の部屋から、赤いジャケットを持って出て来たと言う証言を得た。】

田代 : 詰まり こぅ言ぅ事〜? 家元争いをしている片山啓吾が、
    被告のジャケットを盗み出したって、言いたいんですね。
藤堂 : 加川初代(隆二が入居しているアパートの住人)の目撃証言が正しければ、
    年齢も風貌も片山啓吾にぴったりなんです。

麻生 : 片山啓吾が、藤倉あやめを殺害したって事〜?
藤堂 : その可能性もあります。
田代 : でも〜 片山啓吾にとったら、大事なお弟子さんやった訳でしょ〜う?
    何〜で殺すのぉ〜?
藤堂 : それは〜

南條 : ぃや、ちょっと調べたんだけどね〜 片山啓吾と藤倉あやめは、
    師弟を越えた関係にあったって、噂があるの。
木下 : ぇ!
南條 : だからその線で何らかのトラブルになって、殺害した。
田代 : それを片山隆二に擦り付けたら、片山流に対するバッシングにもなるわねぇ。

藤堂 : 実際この処、「片山流」を辞めて「正統片山流」に移るお弟子さんも
    増えてるそうです。
木下 : 本当に片山啓吾の陰謀だとしたら、してやったりじゃな〜ぃ。
    ま 逆に被告にしてみたら、堪ったもんじゃないけどねぇ。

藤堂 : 公判に加川初代を、弁護側の証人として呼ぼうと思います。
    きっとその証言で、この裁判ひっくり返りますよ。(^^)
飯島 : ちょっと〜 都合良過ぎな〜い?
藤堂 : ぇっ!? どうしてですか?

飯島 : 情報が〜 上手く〜 揃い過ぎてる気がするの。  何だかそれが気持ち悪い。
藤堂 : ぁ〜 大丈夫ですよ。     所長はどう思われます?

井上和香ちゃん 7人の女弁護士05

所長 : ぅん?     ぁ〜     ぅ〜ん。
    貴方が〜 主任弁護人なんだから、 貴方が決めなさい。
藤堂 : はい。

関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(11) 〜 第6話(後編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(10) 〜 第6話(前編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(9) 〜 第5話(後編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(8) 〜 第5話(前編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん 7人の女弁護士(7) 〜 第4話(後編)


人気blogランキング←応援クリック 井上和香ちゃんファンサークル♪♪過去記事目次


posted by Circle (InoueWaka) at 22:24
| Comment(0) | TrackBack(0) | 井上和香 ちゃん 7人の女弁護士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(注:コメントの表示は、管理者の承認後に行われます。)
この記事へのTrackBack URL(注:この記事へのリンクが無いTBは、受信されません。)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。