2008年07月28日     (>> 井上和香ちゃん ファンサークル 最新記事へ)

井上和香ちゃん オトコマエ!(16) 第13回 そして目が覚めた(中編)

井上和香ちゃん オトコマエ!(16) 第13回 そして目が覚めた(中編)>

● 「オトコマエ!」 (NHK総合テレビ 7月26日 [土] 19:30〜20:00 放送) より
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/otokomae/html_oto_story13.html

出演 〜 北町奉行所 吟味与力 藤堂逸馬:福士誠治、評定所 吟味物調役 武田信三郎:
斎藤工、北町奉行 遠山金四郎景元:柴田恭兵、佐和膳 女将 佐和井上和香
武田のぶ:浅田美代子、茜:近野成美、仙人:藤村俊二、 他 。

【 藤堂家 】

遠山 : いいですかぃ おっ母さん、
    故実に則った 格式ある運びってのはどうですかぃ?
のぶ : ぁの... 未だ 何も分かりませんから...

井上和香ちゃん オトコマエ 01


遠山 : ぉぃ 誰か 仲人の心当たりはあるかぃ?
坪井 : 左様ですなぁ〜 これ程の 縁組ですから、
    それ相応のお方に 御願いするのが良いかと。

遠山 : おっ母さん、誰でも良いですから 遠慮せずに名を挙げて下さい。
    おいらが直に頼みに行きやしょう!
坪井 : 遠山様、あの方が如何でしょう? あの方。

武田 : 遠山様!  ぁの 逸馬と少し 話が...
遠山 : ぉぉ そっちはそっちで しっかりと詰めときな、これから大変だぞ〜ぅ!
武田 : では 失礼致します。  (藤堂の肩を叩いて) ぉぅ、 来ないかぁ〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 藤堂家。 茜が仙人を看病している部屋。】

藤堂 : 遠山様の振る舞いは、何とも分からん!
    何で小母さんの縁談に、あんなに夢中なんだ!?
武田 : 参ったなぁ!
藤堂 : ぁぁ...

  : 縁談って、何方の?
藤堂 : 小母さん。
  : まぁ! 御目出度う御座います!
藤堂 : 処がそうでもないんだ、 縁組の話は あるにはあるが、
    小母さんが どうも はっきりしないんだょ〜!

武田 : 逸馬が 先 言った〜 母上が俺に言い難いって話だが、
    母上は俺の為に、此の縁組を受けようと考えたんだ。
藤堂 : お前の為に?
武田 : ゥン  紀州屋と一緒なればぁ〜 俺はもぅ 左団扇だ、
    金の心配はしなくていい、 だから俺を案じて 母上は紀州屋と。
藤堂 : 成る程!

武田 : だが普段はきっぱりとした母上が、 あんなにもぐずぐずしてぃるのは、
    本当は気乗りがしないんだ。
  : 違う! 母上様に限って違います。  例え 信三郎様の為でも、
    お金で お金の為に嫁入りするなんて、有り得ません。
藤堂 : 茜ぇ!?

  : だって、 そんなの誰も幸せにはなりません。
藤堂 : それは そうだな。   信三郎、お前はどうなって欲しいんだ、母上に?
武田 : 一つだけだぁ!   早く幸せになって欲しい、
    静かで 安らぎのある暮らし、 それだけだ!
藤堂 : (頷く)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 藤堂家。 北町奉行所の筆頭与力・中嶋が、角樽を持ってやって来る。】

中嶋 : 御免!     誰ぞ 居られんのか?   御免〜!

【 中嶋が、遠山達の居る部屋に通されて、そこでのぶが挨拶を受ける。
藤堂,武田,茜達は、襖に耳を立てて その様子を見守る。】

中嶋 : 本日は 南町奉行・鳥居耀蔵が名代として、御挨拶に罷り越しましたぁ。
遠山 : 鳥居様の名代?
中嶋 : 左様で御座います。   ぅ して 不躾では御座いますが、
    仲人の心当たりは、如何 相成って御座いましょうやぁ?

のぶ : はぃ〜!?
中嶋 : はぁ...
のぶ : ぁ ぁの〜
中嶋 : 宜しければ 某の紹介する方に、お任せ頂きたい〜

遠山 : おぃおぃ ちょっと 待ちね 待ちねぇ〜!
    そりゃ 一体全体 どう言う筋だぃ?
中嶋 : 紀州屋の先代は 鳥居様とは予て昵懇の間柄、
    その二代目の祝言となれば、矢張り 鳥居様 縁の方を!

坪井 : 中嶋殿! 横合いから行き成り、勝手を申されてもだなぁ〜
遠山 : 折角だがこの祝言、 遠山金四郎が一切を取り仕切ってんだぃ、

井上和香ちゃん オトコマエ 02


遠山 : 余計なお世話は無しにして貰おう!
中嶋 : 聞けば遠山様は二代目の 只の昔馴染み、ぁ ぃゃぃゃ それはそれで結構〜
    したが ここは 武家らしく それ相応の御方を。

遠山 : 鳥居様と昵懇の仲だって言うがぁ、若い時 二代目の父親に袖の下を
    無心して あっさり断られたって、情けねぇ話じゃねぇかぁ!
中嶋 : ぇっ!?
遠山 : そんな御縁で、格式もへったくれもあるかぃ?
中嶋 : ぁ 道理でぇ!

遠山 : 大体 話があるなら、自分で出向いて来いってんだぃ!
    それとも 何かい? 御老中様に どやされた弾みで、
    ぎっくりさせた腰が、矢鱈に痛んで 一歩も動けねぇってかぃ?
中嶋 : ぇっ!? 御老中様に!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 襖越し 】

  : 鳥居様の お腰が!?
藤堂 : ぎっくり!?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

遠山 : この縁組に、南の妖怪の出る幕は、何処にもありゃしねぇ!
中嶋 : と と 兎に角、 仲人には 某が推薦する方が、一番で御座います。
のぶ : 私の事で、 争うのは止めて下さい!
遠山 : おっ母さん! 気に為さる事はねぇ、 妙な邪魔立てする奴は、片っ端から
    この遠山が捌いて行きやすから、(腕を叩いて) 桜吹雪の大安売りだぃ!

佐和 : 遠山様! ちょっとは慎まれたら如何です?
遠山 : 祝言 挙げるには、こう言う事をきっちりと、
    決めて置かなきゃならねぇんだよ! な 坪井?
坪井 : はぃ、 左様で御座います。  母上様、迷っておる場合ではありません。
佐和 : おのぶ様は、迷ってはおられませ〜ん!

井上和香ちゃん オトコマエ 03


遠山 : だったら 良いじゃねぇか?
のぶ : (佐和に) こんな事になって 御免なさい!
佐和 : ぃゃ そんな ァ ...

【 のぶが部屋から出て行く為に襖を開けると、そこに三人が... 】

藤堂 : ぁっ!...

のぶ : (無言で出て行く)

井上和香ちゃん オトコマエ 04


佐和 : ァ おのぶ様!     遠山様! 貴方が こんなに女の心が分からぬ
    野暮天だとは、知りませんでした!!  ァ おのぶ様〜!(後を追う)
遠山 : 全く 何にも分かっちゃいねんだからぁ、
    おっ母さんが 満更でもねぇって 女心は、御見通しよぅ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

藤堂 : 遠山様、 もぅ どうでも良いではありませんか?
遠山 : ぅん!?
藤堂 : 面子とか格式とか、筋とか 節目とか、一体 何の意味があるんです?
武田 : ぉぃ 逸馬! 正気か?

藤堂 : お互いが好き合い 夫婦になりたい、そう思ったら 只 静かに 一緒になれば
    それで良いではありませんか?  祝言にしても、いっそ二人で慎ましく
    挙げれば良い! 皆を巻き込んで大騒ぎする事が、良いとは思えません!

遠山 : ぉ前は また そんな子供染みた屁理屈を...
藤堂 : 遠山様は、もっと度量の大きい御方だと思っておりました。
    それが こんな堅苦しい 古臭い考えで、 がっかりです。
坪井 : 藤堂!  口が過ぎるぞ!

武田 : 止せ 逸馬〜!
藤堂 : 信三郎!  お前だって 大事な母親を、好き勝手 騒がれたくないだろう?
遠山 : ぉぃ 藤堂? なら お前さん この祝言、
    どう言う風に運べば 良いって言うんだぃ?

藤堂 : 要は、二人が夫婦になり 幸せに為れるかどうかです。
    仲人も要らない、いや 堅苦しい 無駄な祝言も要らない、 掛け替えの
    ない者と一緒に居られるならば、それだけで十分 幸せではありませんか!
遠山 : 初めて 俺に 意見したと思ったら、そんあ阿呆を言いやがって、(^^)
    阿呆 ぉ前は まだまだ半人前の、青二才だぁ!

藤堂 : 私は もう 一人前です!
遠山 : 許さん!! そんな勝手な真似は、俺は断じて許さねえ!!
  : 逸馬様!     (藤堂の横に座って) お聞きしとう御座います。
藤堂 : どうした?

  : 逸馬様は、本気でそんな風にお思いなんですか!?
    縁組を そんなに軽々しく?
藤堂 : ェ!?

  : 逸馬様は、好きな女子に白無垢を着せるのも、余計だと仰いますか?
    好きな人に 白無垢姿を見て貰う、女にとって一生に一度の喜びも、
    堅苦しい 無駄だとお考えなのですか?
藤堂 : 茜!? ...

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 そこに、襖を開けて佐和が入って来る。】

佐和 : 金さん!! お話があります!!
遠山 : 何 何だぃ!?
佐和 : (遠山の横に座って) 金さんを 見損ないましたぁ!!   大っ嫌い!!

井上和香ちゃん オトコマエ 05


遠山 : 何をそんなに 怒ってんだぁ〜ぃ!??

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 南町奉行所。 鳥居耀蔵が、猫の千代丸相手に愚痴を零す。】

【 藤堂家。 仙人が、騒々しさに目を覚ます。】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 遠山と佐和、藤堂と茜、坪井と中嶋達が、
喧喧諤諤とそれどれの意見をぶつけ合う。】

武田 : 母上、 私は気に為さらず、紀州屋との縁組 思うように為さって下さい。
    余計な気兼ねは〜 無用です。
のぶ : 信三郎ったら、 ぅっふっふっふ (^^)
武田 : 何が可笑しいんです、 母上?
のぶ : ぅっふ (^^)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【 藤堂家。 良晏が、仙人を診に来る。】

良晏 : 御免、     仙人様の御様子は 如何かな?
遠山 : 今 取り込み中だい、すっ込んでろ〜い!

関連ブログ : 井上和香ちゃん オトコマエ!(15) 第13回 そして目が覚めた(前編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん オトコマエ 第13回 そして目が覚めた あらすじ
関連ブログ : 井上和香ちゃん オトコマエ!(14) 第12回 悪人狩り(後編)
関連ブログ : 井上和香ちゃん オトコマエ 第12回 悪人狩り(後) あらすじ
関連ブログ : 井上和香ちゃん オトコマエ!(13) 第11回 悪人狩り(前編)

井上和香ちゃん ファンサークル♪♪ ページのトップへ(戻る)
井上和香ちゃん ファンサークル♪♪ ブログのトップへ(最新記事へ)


くる天ランキングくる天ランキング 応援してね!←応援してね! 井上和香ちゃん ファンサークル♪♪ 過去記事 目次


posted by Circle (InoueWaka) at 23:27
| Comment(0) | TrackBack(0) | 井上和香 ちゃん オトコマエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

(注:コメントの表示は、管理者の承認後に行われます。)
この記事へのTrackBack URL(注:この記事へのリンクが無いTBは、受信されません。)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。